核融合炉とは?①

核融合炉は、2つの原子核を十分に近づけ、量子トンネル効果により別の原子に変わる「核融合反応」の際に放出されるエネルギーを利用して発電を行います。
現在の核融合炉では、最も反応が起こりやすい重水素と三重水素(トリチウム)の核融合反応により生成される、
中性子のエネルギーを利用することが考えられています。

核融合反応

 

参考文献:日本原子力学会誌 Vol.46, No.12, (2004)「よくわかる核融合炉のしくみ」